タカヤマ建築事務所の建築日記
住宅を中心に活動している大阪の建築設計事務所
家づくり日記/活動記録

 Takayama-Architects >
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
着々と


外部の板金の打ち合わせを行いました。1週間ごとにどんどん形ができつつあります。

現場は断熱材が敷き詰められていて、フローリングが貼り始められていました。例のものも出来ていたりと、着々と工事は進んでいます。



・ + plus : comments(0)
壁?屋根?


地鎮祭のあと、+の現場へ。順調に進んでいます。写真は屋根の様子。法的な解釈では壁。高度斜線によって削られた、壁。というか屋根。というか、なんとなく曖昧なところ。ま、雨が漏れなければ、どっちでもいいんですけどネ。

現場から帰って来て、事務所の掃除をして、このブログを描いています。先週、先々週と猛烈にバタバタしていましたので、今日はもう、しゅ〜りょ〜〜〜、いたします。



・ + plus : comments(0)
下地工事


内装下地の施工。少しづつですが内部の雰囲気が出てきています。外部は屋根のガルバも施工されていました。

今日は水道屋さんと電気屋さんと工務店、お施主さんと、露出配管の並び、見せ方の打ち合わせをいたしました。
・ + plus : comments(0)
下地工事


お盆明け初の定例打ち合わせ。下地工事ですが、本日は雨のため大工さんは休み。電気屋さんと打ち合わせでした。

これからどんどんと建物の姿が明らかになってきますので楽しみです。
・ + plus : comments(0)
らせん階段の手摺り
現場は基礎の立ち上がりコンクリート、らせん階段の手摺が設置されていました。段板部分の手すりは階段と一緒に工場にて取り付けられて設置されていましたので、今施工しているのはフロア部分の手すり。1本のパイプがクネクネつながっているように見せたいので、微調整を施しながら施工してもらっています。

しかし、3次元でうまく合わないといけないらせん階段の手すりってややこしいですね。

今ではコンピューターに数値をいれると3次元で整形してくれるんですが、昔は現場で少しずつ引っ張ったりしながらだったので大変でした。と、鉄骨屋さんが言っていました。
・ + plus : comments(0)
鉄骨検査
今回は中間検査がありませんので、構造事務所さんと鉄骨検査を行いました。製作図や現寸検査などでたびたびチェックは入れていますので、確認といったようなところです。

今の時点で間違いがあると、えらいことなんですけど・・・ネ。
・ + plus : comments(1)
祝上棟


上棟式が執り行われました。現場は鉄骨のタチをみつつ、ボルトの本締めに入って行っております。これからも怪我や事故の無いよう気を引き締めて良い家づくりをお願いします。

鉄骨の現寸検査のときはかなり小さく見えたのですが、実際に建つと広く大きく感じました。人間の感覚って不思議なものです。

・ + plus : comments(0)
建て方工事


役所に行ったあと現場に寄りました。現場は建方工事の真っ最中。いい感じでした。

写真は厳しい規制がかけられた密集市街地のささやかな余白。



この建物にとって重要な空間です。
・ + plus : comments(0)
基礎コンクリート


行政に行く用事がありましたので、ついでに現場に寄ってきました。昨日コンクリートの打設でしたので、現場には誰もいませんでした。

昨日の昼ごろから天気予報は雨だったのですが、ばっちり晴れてくれて、養生日和となっています。

今週は、現場監理の多い1週間でした。
・ + plus : comments(0)
基礎配筋


構造事務所さんと配筋検査に行ってきました。特に大きな手直しもありませんでした。基礎の段差部分に、コンクリートがたっぷり入りそうです。

鉄筋がきれいに組まれていると、美しいと感じるのは僕だけでしょうか。
・ + plus : comments(0)
<< : 2/5 : >>